借金 旦那 離婚

旦那が借金をしていて家計が苦しいという家庭は意外と多くあります。
住宅ローンや奨学金、車のローンも借金に含まれますので、多くの家庭が何かしらの借金を抱えていると言えるでしょう。借金が少額ならばすぐに返済できるので問題は大きくはならないのですが、問題となるのは旦那が借金を返せずにさらに借金を増やしてしまう場合です。酷い場合、毎月の収入よりもローンの返済額が大きくなってしまい、さらに借金をするという悪循環に陥ってしまうのです。

 

結婚した夫婦というのはお互い助け合うものですから、自分ができることを全てしてから離婚を考えたほうが後で後悔することが少ないです。何とか借金を返せるよう旦那を励まし、自分も旦那を支えるように努力しましょう。しかし借金というものには利子がつきますし、返済の義務があるので精神的なプレッシャーも日々強くなっていきますから、せっかくの夫婦生活も苦痛でしかなくなってしまいます。

 

旦那の借金返済のために身を粉にしてパートで働き出す主婦もいますが、それが嫌でどうしようもないという時には借金を理由に旦那と離婚することを検討するのも良いでしょう。旦那に離婚の話をしてOKをもらうことができれば、協議離婚として離婚が成立します。話し合いで離婚ができるならばそれに越したことはありません。

 

話し合いで旦那が離婚を拒否した場合は、少々手続きが面倒になります。家庭裁判所を経て調停離婚をすることになります。調停離婚には法的な力はないのでさらに旦那が離婚を拒否した場合は民事の裁判で決着をしなければならなくなります。旦那が家庭の生活費を出していて一生懸命、借金を返そうとしている場合は、借金理由での離婚を認めてもらえないかもしれません。
こういったリスクを踏まえた上で借金を抱えた旦那との離婚を検討するようにしましょう。