相当なエネルギーを使ったけど決断してよかった離婚

離婚という選択は子供のことや経済的なことでかなり悩むと思いますが、
私の場合はとにかく別れたかったのと、手に職もあったので決断は早かったです。

 

原因は性格の不一致ということになりますが、嫌になりだすととことん嫌になり、
同じ家で生活するのは耐えられなくなった事です。
始まりは産後にありました。
ホルモンのバランスも崩れていたのか主人の相手をするのもしんどくて、触られることに恐怖を感じるようになった事です。

 

そんな中さほど気にならなかった主人のだらしない性格も気になりだし、
特にお金に関することでの喧嘩が多くなりました。
お金の問題はしなくてもいい喧嘩を招きます。
そういうことが続き、強引に別居に踏み切りました。

 

離婚したい私としたくない主人ですからすんなり同意してもらえず、
義母から謝罪や説得もありましたが半年後、やっと離婚することができました。

 

娘が1人いましたが私が引き取り、
その時は養育費が払えないというので特に請求もしませんでした。
かけていた学資保険も払えないから解約すると言われ、受け入れました。
私にとっては、とにかく離婚してもらう事が優先だったのです。

 

その後、主人が再婚して子供ができたのを知り、
その生活能力があるならと弁護士を立てて養育費の請求をし、相手の生活に支障がない毎月2万円の振り込みの約束も取り付けましたが、
半年もしないうちに何の連絡もなく支払いがなくなりました。
このままではいけないと思いながら数年間放置しておりましたが、今度は改めて民事訴訟を起こしました。
結果はもちろん私の全面勝訴でした。しかし、この時も半年もたたないうちに連絡もなく支払いがなくなりました。
そういういい加減さに腹もたちますが、この責任感のなさにやっぱり別れて正解だったと思います。

 

なにより、私の場合は離婚で生活のストレスがなくなり、夜も安心して眠れるようになったので離婚に後悔はありません。
娘にはかわいそうだったかなと思いましたが、母親がつらいのを我慢してる姿は娘にとってもよくないはずです。
離婚を決断して本当に良かったです