自分のストレスの原因が旦那だとわかった時。

好きで結婚したはずなのに、結婚生活が始まると嫌なことが立て続きました。
まずは姑の干渉です。
月に一度は一緒に食事をする、実家に来る、旅行に行くことを当然と押し付けられて、仕事とか用事だと断ると電話で「若さがない」と罵倒されました。
夫は自分も面倒で行きたくないのにすべて「嫁が嫌がるから、俺は親孝行もできない」とすべてを私のせいにして好き勝手をしていました。
浮気、転職、生活費の困窮、夫婦喧嘩、暴言・・・これらに耐えていたけれどある時ふっと気がつきました。
私のストレスは全部、一緒にいる夫が運んできている、と。
家庭を守ろうと思うあまり、自分を苦しめていることに気がつきました。
私の悩みは全部、夫といることで発生しているのです。
いなくなれば、浮気しているんじゃないか?と嫌な気持ちにもならなくてすみます。
転職するって言い出してまた無職期間を作るのでは?と心配にもならなくてすみます。
自分と子どもの分の生活費を何とかすれば、お金に困ることもないでしょうし、飲み会代を出せ、出せないで言い争うことも、「お前の実家が貧乏だから悪い」「ハズレをつかまされた」など暴言を吐かれることもなくなります。
夫は私が離婚しないと思って上から目線に威張っていることもわかっていました。
離婚すると脅してきたら承知しようと決意した日から一ヶ月後くらいに、またケンカをふっかけてきて言われたので「わかりました」と言ってさっさと書類を出して離婚しました。
最初に離婚を考えてから実行するまでに7年かかりましたが、離婚後は夫によるストレスがなくなり本当に良かったと思えるのです。
子どもには養育費をもらっていますが、私自身への慰謝料は一切ありません。
ですが満足しています。