うまく離婚する方法

うまく離婚する 

当サイトは、うまく離婚したい、円満に離婚したい、有利な条件で離婚したいと思っている方向けのサイトです。

 

そもそも離婚はどうすればできるのでしょうか?

 

結婚も書面上は紙切れ一枚という簡易的なものでしたが、離婚も同様に紙切れ一枚でできます。しかし、相手が合意するかどうかで離婚の方法が分かれます。離婚には、下記の種類があります。

 

協議離婚

いわゆる話し合いで合意をして離婚をする離婚です。双方が合意すれば離婚できます。

 

調停離婚

話し合いで解決しない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立てをし、調停を行います。そもそも離婚する・しないから、離婚条件の財産分与、養育費、慰謝料等も決めますが、裁判ではありません。調停委員男女各1名が間に立って、双方の言い分を聞きながら説得するような感じになります。日本の離婚の9%がこの調停離婚です。

 

審判離婚

調停離婚で決着がつかない場合に、審判によって決定されるものですが、異議を申し立てると審判の効力が失われるので、あまり利用されない制度です。

 

裁判離婚

調停離婚で調停が不成立の場合にのみ、地方裁判所にて裁判離婚が出来ます。裁判ですので、判決が出ればそれに従わなければなりません。

 

以上が離婚の種類ですが、ほとんどが、@の協議離婚です。

 

離婚に必要なもの、それは・・・

離婚を決意した、そして出来るだけ上手く、円満に、有利に離婚したいと思った場合に、必要なもの、それは・・

 

どうしたいのかを決めておくことです!

 

特に、女性の場合は感情的になってこういった詰めが甘いケースが多いです。具体的に何を決めておくのかというと・・・

 

慰謝料
養育費
子どもの親権
子どもの面会条件
財産分与

 

です。

 

 

 

結婚というものは恋愛とは全く違います。一緒に生活をするということが恋愛と違うということもありますが、それ以外にもさまざまな人々ととの人間関係も絡み合って来るため、こんなはずではなかったと思うケースも多いです。

 

結果的に離婚を決意するのは
夫婦なわけですが、ここで私が考えるのは、うまく離婚するためには、相手の
よくない所や、相手に対しての問題つくりなどをして最終的に離婚に至るとは
思いますが、こんな風にやってみたらどうかと思います。それは相手方の両親の
家屋に対する不満などを挙げていくのです。それには相手の両親に対してということもあるし
兄妹でもいいですし、どんな家庭にもそこの家庭なりの考え方やしきたりとかあると思うのですが
そこらへんの違いに自分自身が納得できないというような思いを抱いているということを
アピールしていくのです。これは離婚を考えている夫婦以外のことですから、考えてみれば
お互いの両親の家庭など違いが必ずあると考えます。ですから、結婚あいてのことばかりを
離婚理由に考えず、ちょっと幅をもって考えていきますと、答えは出てくると思います。
たとえば、相手の父親の考え方にどうも同意できないとか、母親に対して同意できないとか
帰ることのでないことと」いうものはたくさんあると思うんです。
このあたりを原因という形にもっていくことが離婚への道が開けていくのではないでしょうか。
意外とあとくされなく考え方の違いということでスムーズにいくのではないかと思います。
相手の両親家族と仲がいいのであれば、あったでこれまでのことを振り返って、何かひっかっかる
ところがあればそれを原因として挙げていけばいいと思います。誰でも育ててくれた自分の親のことなど

言われるとたまりませんから。効果あると思います。

 

更新履歴